独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

PET−CT検査


PET検査とは?

PET検査画像

Positron Emission Tomography「陽電子放射断層撮影」のことで頭文字のP.E.Tをとって「ペット」と呼ばれ,体内を特殊なカメラで映像化する最新の診断方法です。
がん細胞は正常な細胞より、約3〜8倍も多くブドウ糖を取り込む性質があります。その性質を利用して、ブドウ糖に微量の放射性同位元素をつけた薬剤(FDG)を注射し、がんの病巣にその薬剤が集まったところを撮影することにより、がんを画像としてとらえることができます。この検査法によってこれまで発見しにくかった初期の微少な がん細胞も見つけることができるようになりました。


PET−CT検査とは?

PET検査画像

PETとCT(コンピュータ断層撮影法)が一体となった装置で撮影をし、それぞれの画像を重ね合わせることで病変がどの臓器のどの部分に存在するかなどより詳しく診断ができます。



検査内容について

  1. PET−CT検査のご案内
  2. PET−CT検査の注意点








▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.