独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

看護提供方式(固定チーム継続受け持ち方式)


看護の提供は、継続した受け持ち看護師(固定)が看護過程の展開と実践に責任を持ち、日々の担当看護師(日ごとに替わる)が看護方針に基づいて看護ケアの実践を行っています。
看護師が患者の状態を把握しやすいように、病棟を2〜3の「固定した看護チーム」にわけています。受け持ち看護師と日々の担当看護師は同チームに所属し、固定したチームのリーダーとメンバーが受け持ち看護師を看護方針を支持体制で、個別的な看護を提供しています。
固定チームナーシングは受け持ち看護師が、受け持ち看護師が入院から退院まで責任をもって看護を提供し、それを固定したチームのリーダーやメンバーが支持する、方法で個別的な看護を提供しています。


看護提供方式の図

看護提供方式

看護師長

看護部の方針、目標に基づいて病棟の目標を明文化し、日々の実践を浸透させる役割を担っています。固定チームの編成の決定、リーダーに指示・助言を与える、チームを円滑に機能させる、病棟の環境を整えて働きやすくする、他部門との調整を行う等の役割も担っています。


副看護師長

看護師長と共に病棟方針の立案・浸透やチーム内を円滑に機能させる役割を担っています。チームリーダーの育成などの人材育成の役割、業務を通じて看護ケアの質の確保の役を担っています。


チームリーダー(一定期間、権限を委譲されたリーダー)

チームの目標を明示し、メンバーの育成を図りながらチームを運営する役割を担っています。チーム会やカンファレンスの運営、メンバーが行う看護計画の立案・修正・評価の推進などの役割も担っています。


チームメンバー

受け持ち患者の看護課程の展開に責任をもつとともに、チームリーダーや他のメンバーと協力して、チームの課題解決への活動を行う役割を担っています。


日々の看護体制の図

日々の看護体制

日々のリーダー

日々の各勤務帯における看護チームのリーダーとして、チーム全体の業務と患者状況を把握し、看護業務が安全で確実に行えるよう、業務の調整および業務遂行のための指示・助言を行う役割を担っています。


メンバー

本日担当患者の看護の実践、計画の立案・修正を行い、受け持ち看護師の方針に基づき看護過程の展開の支援・援助を行う役割を担っています。






▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.