独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

キャリアラダー


当医療センターは、看護職員能力開発プログラムをベースにしたキャリアラダーシステムをとっています。新人看護師からエキスパートへと段階を踏んで臨床看護実践能力を育成します。臨床実践能力は現場で習熟の教育及び評価を行い、必要な研修を集合で行っています。さらに当院での専門領域の研修は部署での職務や将来計画などを踏まえて、教育をうける時期と内容を自分でコーディネートできる仕組みです。レベルW以上からはキャリアアップするシステムがあり、教育・管理スペシャリストへの道を歩む事ができます。そのための学習を施設がサポートしています。


マスコットの絵
  能力項目 レベル認定必須研修 キャリアサポート
看護実践能力 人間関係能力 マネジメント能力 自己教育力 倫理的配慮
能力段階 レベルT 基本的な看護実践(看護技術、看護過程の展開)ができる 患者家族とコミュニケーションをとることができる チームメンバーとして役割が遂行できる 指導を受けながら、自己の教育的課題を発見することができる 患者を一個人として尊重することができる ■新採用者オリエンテーション(採血・注射・ポンプ操作・BLS等)
■新人研修(リスク感性・多重課題・振り返り等)
■静脈注射院内認定看護師育成研修
■看護必要度院内研修
レベルU 日常的に必要とされる看護実践がほぼ単独で実践できる 患者・家族と良好な人間関係を形成することができる チームリーダーやコーディネーターの役割が遂行できる 自己の教育課題の達成に向けた活動を開始することができる 医療・看護の倫理的問題を感じる力を持ち、対処に努めることができる ■看護倫理T研修
■実地指導者研修
■看護を語る研修
■専門コース研修
 ・がん看護総論
 ・救急看護総論
レベルV 患者の意思を尊重しながら、確かな知識・技術・判断に基づいて看護を実践することができる 自分の考えの根拠を示して相手の意見との調整ができる。チームメンバーにやさしい気遣いができる 医療チームの一員として役割を発揮できると共に、お互いの能力を発揮できるようマネジメントできる 自己の教育活動に積極的に取り組むと共に、指導的役割を実践することができる 倫理的ジレンマに対して客観的に考察し、対処に努めることができる ■リーダーシップ研修
■実習指導者研修
■看護倫理U研修
■中堅看護師施設内交流研修
■専門コース研修
 ・がん化学療法看護
 ・放射線看護
 ・緩和ケア看護
 ・救急看護
 ・災害看護
 ・褥瘡看護
 ・慢性疾患看護
レベルW 論理的知識と実践的知識を応用し、専門的で複雑な看護実践ができる 自己研鑽に努め、対象に応じた対応ができる 看護部全体、施設、地域社会から求められる役割を遂行する 獲得した知識や研究結果を実践に活かし、さらに自己の課題に沿って取り組むことができる 倫理的ジレンマを解決するための組織的活動に参画できる ■教育担当者研修
■マネジメント研修
 





▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.