独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター

文字サイズ
トップ  情報公開  個人情報保護等について  リンク集  サイトマップ

手術療法


名古屋医療センターのがんに関する手術チームは、脳神経外科、眼科、口腔外科、耳鼻科、外科(消化器外科、乳腺内分泌外科、胸部外科、一般外科)、泌尿器科、産婦人科という部門から構成されています。それぞれの科に専門医が所属し、専門チームを形成しています。
当院は、がん診療連携拠点病院であるとともに、全国がん(成人病)協議会に所属し、標準的ながん手術療法を多く行っています。又、生活習慣病などに起因する合併症を有するがん患者の手術治療にも力を入れています。
眼部腫瘍では、我が国においても数多く症例を取り扱っている施設のひとつで、多くの方の治療を施行している実績があります。脳神経腫瘍では腫瘍の発生部位、腫瘍の大きさによって手術の難易度、合併症も異なりますが、特に下垂体腫瘍の専門病院として、長年実績をあげています。乳がんの治療では乳腺外科、放射線科、臨床病理部にそれぞれ複数の乳がん専門医がおり、チーム医療として専門的な診断、治療を行っています。術前診断の徹底による乳がんの乳房温存手術など、患者のQOLや機能温存を重視した手術にも実績をあげています。胃がん、大腸がんに対する腹腔鏡下手術、切除不能肝がんに対するラジオ波焼灼術、肺がんに対する胸腔鏡下手術など低侵襲手術にも積極的にも取り組んでいます。
また現在の手術療法は、術前、術後に放射線、化学療法を組み合わせることで可能な限り根治性を損なわずに機能を温存すること、症状緩和を目的とした姑息手術で患者の生活の質(QOL)を向上させることなど、患者の生活や社会背景も考慮することが求められています。
当院では、各診療科で連携を図りながら、患者さんによりよい手術を提供できるよう取り組んでいます。





▲このページのトップへ

Copyright (C) National Hospital Organization Nagoya Medical Center All Rights Reserved.